エンタメ

100日後に死ぬワニの考察・ネタバレまとめ|100日目のオチはどうなる?

スポンサーリンク

漫画家・イラストレーターとして活躍されているきくちゆうきさんが描かれている

「100日後に死ぬワニ」が話題になっています。

ワニの何気ない日常を4コマ漫画にして描かれており、ほのぼのした内容かと思えば下には死まであと何日と書かれており最終的にはどういうオチになるのか気になりますよね。

そこで今回は「100日後に死ぬワニ」の考察をまとめてみました。

100日後に死ぬワニの考察・ネタバレまとめ

作品の意図は何?

私たちが普段過ごしている何気ない日常を描いた作品ですが、一体どのような意味が込められているのか気になる方は多いかと思います。

まず前提にワニは自分が100日後に死ぬことは分かっていません。

作品は100日後にワニが死ぬにも関わらず平凡な日常が描かれています。

「死」というものは人間も動物も必ず訪れてしまうもの…

このことからいつ死ぬか分からないと「いつかは死んでしまう」ことを意識していれば後悔の無いように1日1日を過ごすでしょう。

普段生きているのが当たり前と思って過ごしている方が大半だと思いますが、作者は1日1日を大切に過ごして毎日を良い方向に進めてほしいと思ってつくられたとのこと。

みなさんは普段の生活でいつ死ぬかもしれないと思って生活していますか?

毎日神経質になる必要はないと思いますが、少し意識を変えることで普段の生活に無駄な行動が減って良い方向に進むかもしれません。

もっと〇〇しておけば良かったと思っても死んでしまってはできないので毎日悔いのないように生活していきたいですね!

100日目のオチはどうなる?

気になる100日目のオチについてですが、投稿は毎日1投稿で19時ごろに公開されているため最終話の100日目は2020年3月20日ごろになると予想されます。

一体どうなってしまうのか…?

ワニの年齢については「読む人の想像におまかせ」ということで明確な年齢はありません。

しかしアルバイトをやっていることから高齢ではない印象を受けました。

作品の意図を汲み取ると病気や事故などによって予期せぬ死を遂げてしまうのではないかといった意見が多数上がっています。

また先輩のワニが死んでしまうといった予想もされています。

しかし流石にそれでは読者が納得しないと思うので可能性は低いのではないかなと感じました。

読者の中には主人公のワニが死なずに生きているシナリオを望む意見も多数ありますが、ここまで大々的に死ぬと書いておいているのでその線は低いと考えます。

現在2020年1月15日時点で少し心配な内容が続いていましたが最終的にどうなっていくのか注目ですね!

ネットの反応