エンタメ

『ヒロアカ』キャラの誕生日ヒトラーと同じで炎上に!?海外の反応は?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画ヒロアカこと「僕のヒーローアカデミア」がまたしても炎上し話題になっています。

ヒロアカは以前も登場キャラの名前が過去の悲惨な歴史の記憶を想起させるとの指摘があり炎上してしまいましたが、今回はキャラの誕生日がヒトラーと同じということで炎上してしまったのです。

そこで今回はヒロアカのキャラクターの誕生日で炎上している件について海外の反応や日本の反応などをまとめてみました。

『ヒロアカ』キャラの誕生日ヒトラーと同じで炎上に!?

今回炎上してしまったのは作中に登場するキャラクターがアドルフ・ヒトラーと同じ4月20日のため一部指摘がされています。

そのキャラクターというのが爆轟勝己という作中の中で重要なポジションの人物です。

ヒトラーといえば20世紀最大の独裁者として悪人のイメージが強い印象を持たれる方も多いかと思います。

また他にも物語の中で敵のリーダーである死柄木弔が日本の海軍軍人で元帥海軍大将だった山本五十六と同じ4月4日であること、

主人公の緑谷出久の誕生日7月15日が共産党の成立日と同じであることなどが指摘されています。

しかしこれはあまりにもこじ付けが酷すぎですよね…

前回の炎上に関しても作者の堀越耕平さんは意図的に名前をつけた訳ではないと主張されていますし、謝罪もしています。

人気の作品であれば登場キャラクターも多くなるため誕生日が同じになることもあるでしょう。

それに同じ誕生日ということであればいくらでも出てきますよね笑

海外の反応は?

今回のヒトラーと誕生日が一緒ということで炎上している件について海外の反応をまとめてみました。

  • 連載中止や販売中止を求めるキャンペーンが立ち上がる
  • 謝罪を求めるコメントなど

ただヒロアカは日本だけでなく海外でも人気の漫画なので支持する意見も多数見受けられました。

日本の反応は?

続いて日本のネットでの反応をまとめてみました。

やはり流石にこじ付けが多いという意見がたくさん見受けられました。

海外では一度謝ると悪い奴は叩いて良いんだな認識されるケースが多いため前回の炎上で謝罪したことが裏目に出てしまったのではという意見も出ています。

謝罪したことはむしろ好印象だと思いますが、色々な捉え方があるので難しいですね…

まとめ 『ヒロアカ』キャラの誕生日ヒトラーと同じで炎上に!?海外の反応は?

今回は週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「僕のヒーローアカデミア」がまたしてもキャラクターの誕生日がヒトラーと同じということで炎上してしまった件について海外の反応やネットの反応を比べてみました。

前回の炎上も意図的な訳ではなく今回もたまたま同じ誕生日ということで炎上するのは気の毒ですよね…

漫画を読んだ感想は人それぞれですが、的を外れたコメントはどうなのかなと感じてしまいました。

多くの方に支持されている漫画なのでこれから気にせず頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク