ドラマ

テセウスの船|犯人は加藤みきおではない!?黒幕が誰かも調査【ネタバレ考察】

竹内涼真さんが主演を務め人気を集めている日曜劇場「テセウスの船」

31年前に起きた事件で父親の冤罪を晴らすために主人公の田村心が奮闘するというあらすじですが、犯人が誰なのか?視聴者の方は気になるかと思います。

テセウスの船は原作が既に完結しているため大方の予想が出ていますが、原作とドラマでは犯人が違うという声も出ています。

そこで今回は日曜劇場「テセウスの船」で佐野文吾に罪を被せた犯人は誰なのかを調べてみました。

この記事ではネタバレや考察を含む内容となっていますのでドラマを純粋に楽しみたい方はご注意ください。

テセウスの船|犯人は加藤みきおではない!?

31年前に起きた21人が犠牲になった音臼小無差別大量殺人事件

この事件の犯人として主人公田村心の父親である佐野文吾が逮捕されますが、31年間冤罪であることを主張しています。

佐野文吾の人柄からも分かるように犯人は別にいることは既に分かるでしょう。

既に原作は完結しており、犯人は心の姉・鈴の夫である加藤みきおでした。

加藤みきおは鈴のことが好き過ぎて仕方がなかったという動機で自分と鈴の関係に邪魔になる人物を消してしまおうと犯行に及んだのです。

佐野文吾に罪を被せたのはある日鈴が「お父さんみたいな正義感がある人と結婚したい」と話していたため、自身と鈴との関係に父親である佐野文吾が障害になると思ったからでした。

幼少期の加藤みきおは父親が行方不明で母親は亡くなっており、祖母と暮らしていました。

その後祖母の体調が悪くなり施設に引き取られ、そして事件後に親戚であった木村さつきに養子として引き取れます。

原作通りに行けば犯人は加藤みきおということになりますが、原作とドラマでは犯人が違うという意見も出ているため犯人は別の人物になる可能性があります。

ただし、明らかに加藤みきおを養子として引き取った木村さつきは怪しいですよね笑

自分の息子をかばっているようにしか見えませんが、今後の動向に注目ですね!

1 2