スポーツ

入江聖奈(ボクシング)のプロフィールや経歴を紹介!彼氏情報も調査!

ボクシングの東京五輪出場枠をかけたアジア・オセアニア予選が

2020年3月9日に行われ、

女子フェザー級の入江聖奈選手と女子フライ級の並木月海選手が

4強入りを決め見事五輪代表の内定となり話題になっています。

そこで今回はボクシング女子フェザー級の入江聖奈選手のプロフィールや経歴、彼氏などについて調べてみました。

並木月海(ボクシング)が可愛いと話題に!彼氏や那須川天心との関係も調査!2020年3月9日にヨルダンの首都アンマンで行われたボクシング東京五輪アジア・オセアニア予選で見事並木月海選手と入江聖奈選手が4強入りを...

入江聖奈(ボクシング)のプロフィールや経歴

  • 生年月日 2000年1月9日 19歳
  • 出身 鳥取県
  • 階級 女子フェザー級
  • 大学 日本体育大学

入江聖奈選手がボクシングを始めるようになったのは自宅にあった漫画「がんばれ元気」がきっかけとのこと。

小学2年生の頃に魅了され、地元鳥取のシュガーナックルボクシングジムに入会されました。

小学4年生までは親の勧めで試合はせずに練習をして4年生になってから大会に出場するなどどんどんボクシングにハマっていったとのこと。

そして小学6年生の頃には東京五輪で金メダルを取ることが自身の夢になっていたそうです。

小学生の頃から明確に目標を立てていたのは凄いですよね!

実現に向けて是非頑張って欲しいですところです!

入江聖奈の中学・高校

入江聖奈選手が通っていた中学校は地元鳥取の市立後藤ケ丘中学校です。

ボクシング部はなかったこと体力づくりのために部活は陸上部に入部されていました。

部活に通いながら週に3から4回シュガーナックルボクシングジムに通っていたとのこと。

当時から男子選手に混じって厳しいスパーリングなどの練習をされていたようです。

中学時代の成績は2012年に全日本アンダージュニアボクシング大会に出場し3連覇しています。

また2014年8月入江聖奈選手が中学2年生の頃にアンダージュニアボクシング王座決定戦に出場し見事優勝し中学生女子52キロ級で初代チャンピオンになっています。

そして高校も地元鳥取の鳥取県立米子西高等学校に進学されています。

小中学校時代は負けなしだった入江聖奈選手ですが、1年生の時に同じく五輪出場の内定を決めた並木月海選手に敗れています。

その後は全日本女子ボクシング選手権大会でジュニアの部フライ級で見事優勝

2017年で2年生の時にはフェザー級で優勝

2018年の3年時にはシニア(大学生以上・社会人)の部フェザー級で優勝という輝かしい成績を残されています。

さらに2018年の世界ユース選手権でも銅メダルを獲得されています。

高校卒業後は日本体育大学に進学し2020年3月9日にヨルダンのアンマンで行われたアジア・オセアニア予選で4強入りを決めて五輪内定を決めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

緑川愛(ミドリカワアイラ)(@aira_midorikawa)がシェアした投稿

小学校6年生の頃からの夢である東京五輪で金メダルを取るまでもう少しですので是非頑張って欲しいですね!

1 2