エンタメ

100日後に死ぬワニが電通案件で冷めた…!?商業展開が早いと炎上?

きくちゆうきさんが描かれた「100日後に死ぬワニ」がついに2020年3月20日に完結しましたね。

残念ながらワニ君は亡くなってしまいましたが、これまでに多くの反響があり最終回はとても注目されました。

そんな「100日後に死ぬワニ」は最終回が投稿された後に書籍化や映画化などが発表されとても話題になりお祝いのコメントがたくさん寄せられたと共に商業展開が早いという意見も出ています。

また「100日後に死ぬワニ」に電通が関わっていたことが判明したことで冷めたという意見まで出ています。

そこで今回は「100日後に死ぬワニ」の電通案件や商業展開の反応についてまとめてみました。

100日後に死ぬワニが電通案件で冷めた…!?

主人公ワニ君の100日間の日常を描いた「100日後に死ぬワニ」

最後はとても感動する終わり方でしたが、終了後に書籍化、映画化、グッズ化が発表され電通が関わっていたことが判明しました。

というのも「100日後に死ぬワニ」はベイシカという企業が管理をしており、ベイシカの取引先に電通があったため判明したのです。

また他にもいきものがかりさんとのコラボが話題になった「生きる」の動画のクレジットにも株式会社電通パブリックリレーションズの根本陽平さんの名前もありました。

電通といえば色々な企業のCMなどに関わっている大手の企業さんですが、過労死問題のイメージであまりよく思われていない方も多く見受けられました。

商業展開が早いと炎上?

最終回が投稿された後に映画化やグッズ化など商業展開が次々と発表されたことで読者からは早すぎではないかという意見が出ています。

作品の内容がワニ君が亡くなってしまうという悲しい結末だっただけにもう少し経ってからでも良かったのではないかというわけです。

また話題になった途端金儲けかなどの声も出ています。

しかし漫画家さんもお金を稼がなくてはいけないので商業展開は普通なことでしょう。

またタイミングも話題になっている時だからこそPRした方が宣伝になりますので良いことでしょう。

きっとワニ君も喜んでくれているはずです。

1 2