エンタメ

凪良ゆうのwiki風プロフィール・経歴を紹介!読み方や作品も!【流浪の月】

2020年本屋大賞に「流浪の月」著者の凪月ゆうさんが受賞され話題になっています。

凪月ゆうさんは小説の書き手としては10年以上のキャリアを持たれており、本当におめでたいですよね!

 

しかしまだ凪月ゆうさんについてまだよく知らないという方もいるかもしれませんね。

 

そこで今回は本屋大賞を受賞された凪月ゆうさんのプロフィールや経歴などについて調べてみました。

スポンサーリンク

凪良ゆうのwiki風プロフィール・経歴

  • 名前 凪月ゆう(なぎらゆう)
  • 生年月日 1月25日
  • 年齢 47歳(2020年4月時点)
  • 出身 滋賀県

凪月ゆうさんはBL(ボーイズラブ)を10年以上書き続けている作家で2006年恋するエゴイストでデビューをされています。

BL(ボーイズラブ)

ボーイズラブ(和製英語)とは、日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのことで、1990年代中盤〜後半に使われるようになった言葉である。

wiki引用

 

最近では男性同士の作品も増えており、身近になっていますよね!

 

凪月ゆうさんはお姉さんの影響で小さい頃から漫画を読んでおり、よく漫画を書かれていました。

 

中学生時代には雑誌「マーガレット」に投稿するなど将来は漫画家になりたいと思われていました。

 

その後プロを目指しオリジナルの作品や二次創作の漫画を書くなどされていましたが、ある日漫画を書くことができなくなってしまい10年ほど創作から離れてしまっていたとのこと。

 

そんな中、ネットで当時どハマりしていた銀河英雄伝説(銀英伝)を見つけ読み返したことで漫画が好きなことを再認識されたのです。

 

しかし長い間漫画を書いていなかったため漫画ではなく小説を書いてみることに挑戦をされます。

 

このきっかけがのちの本屋大賞を受賞すると思うと人生何があるか分からないですよね!

 

2006年にデビューされた後には「雨降りvega」や「365+1」などの作品を手がけられています。

 

小説を書く時には別々で描いてしまうと先に書いた方に合わせるようになってしまうため、キャラクターと話は同時進行で書いていくとのこと。

 

最近はBL作品が身近な存在になっており、ドラマや映画でもよく見ますが、今回の受賞を機にさらに身近な存在になるのではないでしょうか!

凪良ゆうの作品

凪良ゆうさんが今回本屋大賞を受賞された作品やどハマりしていた銀河英雄伝説(銀英伝)をご紹介させていただきます!

流浪の月

今回本屋大賞を受賞された作品になります。


流浪の月 [ 凪良 ゆう ]

恋するエゴイスト

凪良ゆうさんのデビュー作になります。


恋するエゴイスト【電子書籍】[ 凪良ゆう ]

 

おやすみなさい、また明日


おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫) [ 凪良ゆう ]

 

天涯行き


天涯行き (キャラ文庫) [ 凪良ゆう ]

 

銀河英雄伝説(銀英伝)

凪良ゆうさんがどハマりしていた作品になります。


銀河英雄伝説全15巻BOXセット (創元SF文庫) [ 田中芳樹 ]

 

興味のある方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか!

ネットの反応

まとめ 凪良ゆうのwiki風プロフィール・経歴を紹介!読み方や作品も!【流浪の月】

今回は2020年の本屋大賞を受賞された小説家の凪良ゆうさんのプロフィールや経歴などについて調べてみました。

 

凪良ゆうさんは元々漫画家を目指されていた方で一度絵を書くことから離れてしまいましたが、どハマりしていた作品を見直したことで改めて漫画が好きだったと再認識をされました。

 

そして今度は漫画家ではなく小説に挑戦しプロとして2006年にデビューをされたのです。

 

現在はBL作品を中心に多くの方から人気を集める小説家として活躍をされています。

 

今回の受賞がきっかけで凪良ゆうさんを知ったという方もいると思いますので是非一度作品を読んで見てはいかがでしょうか!