ニュース

名古屋市国道に散乱したマスクの原因は何で落とし主は誰?場所も調査!

スポンサーリンク


『2点で送料無料』『箱あり』マスク 使い捨てマスク 三層構造 花粉対策 風邪感染防止対策 大人用 家庭用 男女兼用 ウイルス対策 50枚 大きめサイズ 箱包装 プリーツマスク 不織布 花粉 ワイヤー入り 立体プリーツ ウィルス飛沫 インフルエンザ対策 ウイルス対策 162582

 

名古屋市緑区の国道でマスクが散乱しているという通報があり話題になっています。

 

現場にはたくさんのマスクが散乱しており、土嚢袋3つ分で1000枚以上とのこと。

 

いずれのマスクも車両などに踏まれており、廃棄になってしまうようです。

 

全国でマスク不足が起きている中でこのようにマスクが散乱しているのは非常に勿体無い話ですよね…

 

一体誰が落としたのでしょうか?

 

そこで今回は名古屋市の国道に散乱したマスクの原因や場所などについて調べてみました。

名古屋市国道に散乱したマスクの場所はどこ?

名古屋市の国道で散乱したマスクは名古屋市緑区有松の国道23号線とのこと。

 

道路に散乱していたことから配送の途中であったことが予想されます。

名古屋市国道に散乱したマスクの原因は何で持ち主は誰?

2020年4月16日の17時10分ごろにマスクが散乱しているという通報が国土交通省名古屋国道事務所にありました。

現場にはマスクが散乱しており、土囊袋3つ分で1000枚以上もあったとのこと。

 

マスク散乱による事故は起きていないためひとまず安心ですが、

 

いずれも車両などに踏まれてしまい廃棄となってしまうとのことでとても勿体無いですよね。

 

一体何が原因でこのようなことになってしまったのか?

 

今の所持ち主は分かっていないとのこと。

 

配送の途中に何かしらの原因でトランクが開いてしまったのでしょうか?

 

注文で運んでいた場合は配送に遅延が生じてしまいますが、持ち主が名乗り出ないのは少し疑問ですよね。

 

個人の私物で運んでいたということも考えられますが、流石に1000枚以上を個人の私物で運ぶという可能性は低いのではないかと感じます。

 

詳しい原因や持ち主が分かり次第随時更新していきます。

スポンサーリンク

名古屋市国道に散乱したマスクについてのネットの反応

 

まとめ 名古屋市国道に散乱したマスクの原因は何で落とし主は誰?場所も調査

今回は名古屋市の国道に散乱したマスクの原因や持ち主、場所などについて調べてみました。

 

マスクは名古屋市緑区有松の国道23号線に散乱しており、現場には1000枚以上のマスクが落ちていたとのこと。

 

いずれのマスクも車両などに踏まれて使えず廃棄になってしまうとのこと。

 

今の所持ち主は判明してないようですが、名乗り出ないのには少し疑問を感じてしまいますよね。

 

1000枚以上のマスクを落としてしまったということで批判も出てしまうかもしれませんが、流石にマスク不足が起きている中で故意に落としたということは考えにくいでしょう。

 

原因や持ち主について情報が入りましたら随時更新していきたいと思います。