エンタメ

安斉かれんのwiki風プロフィール・経歴を紹介!整形疑惑や演技の評判も調査!

 

ドラマ「M愛すべき人がいて」が放送され話題になっていますね。

ドラマの原作は浜崎あゆみさんの聞き取りを元に書かれた小説でエイベックスの松浦勝人さんとの物語となっておりとても注目されています。

 

ドラマの主人公・アユ役には安斉かれんさんが演じられており、注目されています。

 

今回のドラマをきっかけに安斉かれんさんを知ったという方もいるかと思います。

 

そこで今回は女優の安斉かれんさんのプロフィールや経歴、演技の評判などについて調べてみました。

スポンサーリンク

安斉かれんのwiki風プロフィール・経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿

  • 名前 安斉かれん(あんざいかれん)
  • 生年月日 1999年8月15日
  • 年齢 20歳(2020年4月時点)
  • 出身 神奈川県
  • 事務所 エイベックス

安斉かれんさんは令和元旦である2019年5月1日にデビューされたばかりの歌手でデビュー前は渋谷のショップ店員として働かれていました。

 

安斉かれんさんが働かれていたのが渋谷の「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」というお店です。

 

2019年3月16日から5月中旬までの期間限定でのオープンのため残念ながら現在は閉店されています。

 

安斉かれんさんは小学校時代にエレクトーンを初めており、中学時代には父親と観に行った「ザ・ローリング・ストーンズのライブがきっかけでサックス演奏に憧れ吹奏楽部に入部しアルトサックスを演奏されていました。

 

所属していた吹奏楽部はアンサンブルの湘南地区大会で金賞を獲得されるほどの実力でした。

 

高校1年生の時にはavexの原宿アカデミーに通いレッスンを始められました。

 

当時はまだ歌手になりたいという気持ちはなかったとのこと。

 

その後ショップ店員として働かれていた際にモデルとしても務めるなど注目されていました。

 

そして令和元年の2019年5月1日に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューされました。

 

こちらがその楽曲になります。

素敵な曲ですよね!

 

その他にも2019年7月24日に「誰かの来世の夢でもいい」、2019年10月23日に「人生は戦場だ」を発売されています。

 

「人生は戦場だ」は人気アニメ「ブラッククローバー 」のエンディングテーマに起用されています。

 

2020年4月1日には4曲目となる「FAKE NEWS REVOLUTIONを配信されています。

 

デビューされて間もないにも関わらず凄い活躍ですよね!

 

歌手活動以外にも女優としても活躍されており、2020年4月から浜崎あゆみさんの小説が元になっているドラマ「M愛すべき人がいて」で主人公・アユ役を演じられています。

 

女優デビュー作品にも関わらずとても素晴らしい演技でとても浜崎あゆみさんに似ていますよね!

 

今後ドラマではどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

安斉かれん整形してる?

安斉かれんさんについて調べていると「整形」というワードが出てきます。

 

これだけ可愛ければ整形をしているのでは?と疑う人も多いようですね。

 

芸能人であれば必ず整形を疑われるので仕方がないことでしょう。

 

実際に整形について調べてみましたが、特段そのような情報はありませんでした。

 

高校の卒業アルバムなども探してみたのですが、SNS等で探してみたのですが出回っておらず、特定することができませんでした。

 

整形であれば写真なども出回ると思いますので整形はされていないことが考えられます。

1 2