ニュース

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の経歴やwiki風プロフィールを紹介!世間からの評判や韓国との関係も

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で様々な職種に影響が出ていますね。

 

中でもタクシー業界は厳しく、先日ロイヤルリムジンで600人の従業員の解雇問題が注目されていました。

 

すでに解雇は撤回というニュースも出ていますが、社長の金子健作氏について気になるという方も多いかと思います。

 

そこで今回はロイヤルリムジンの金子健作社長の経歴やwiki風プロフィールなどについて調べてみました。

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の経歴やwiki風プロフィール

  • 名前 金子健作(かねこけんさく)
  • 生年月日 1975年生まれ
  • 年齢 44-45歳
  • 出身 調査中
  • 大学 慶應義塾大学

金子健作社長は2001年に不動産事業のアイビーアイを設立され、2008年にはロイヤルリムジンを設立されています。

 

大学卒業が1998年なので卒業して3年で会社を設立しているのは流石ですね。

 

アイビーアイでは物件のリノベーションすることで中古住宅の価値の再生などを手がけています。

 

ロイヤルリムジンではタクシー事業で東京都と神戸に9社の約530体制と拡大していました。

 

現在は新型コロナウイルスの影響で休業されていますが、他のタクシー会社も休業されていますので厳しい状態が続いています。

 

一時期社員600名の一斉解雇というニュースが報じられ話題になりましたが、現在が解雇を撤回するという報道も出ていますね。

 

解雇に関しては新型コロナウイルスが終息した後に再雇用するのは再雇用が確約されている方への失業手当は適用外とも指摘されていました。

 

解雇か合意退職だったのかなど様々な疑惑が浮上していますが、今後の動向に注目です!

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の世間からの評判は?

今回の件で金子健作社長は世間から厳しい意見も見受けられました。

会社としても今は厳しい状況だと思いますので社員のことも考えて乗り越えてほしいですね。

スポンサーリンク

韓国との関係は?

金子健作社長や会社のアイビーアイについて調べていると韓国というワードが出てきます。

 

何か韓国と関係があるのかと調べてみたところ韓国にはI.B.Iという人気グループがあるため検索されているのではないかと考えられます。

 

単に名前が一緒なので間違って検索してしまう方もいるのかもしれませんね。

まとめ 金子健作(ロイヤルリムジン社長)の経歴やwiki風プロフィールを紹介!世間からの評判や韓国との関係も

今回はタクシー会社のロイヤルリムジンの社長金子健作氏の経歴やwiki風プロフィールなどについて調べてみました。

 

金子健作社長は慶應義塾大学を卒業されてからわずか3年で会社を設立されている凄腕の方で株式会社アイビーアイとロイヤルリムジン株式会社の代表取締役を務められています。

 

現在新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい状態が続いていますが、社員のことも考えてこの状況を乗り越えてほしいですね。