ニュース

堀江貴文が大樹町民をやめる理由の嫌なことは何?ノイジーマイノリティの意味も

スポンサーリンク


予約販売【送料無料】【最安値挑戦】【在庫あり】マスク 50枚 50枚入り 国内発送 三層構造 不織布 白 大人用 ウイルス 花粉対策 ホコリ 飛沫防止 5月11日〜発送

 

ホリエモンの愛称で親しまれている堀江貴文氏が住民票のある北海道の大樹町から転出届けを出す意向を示され話題になっています。

 

ツイッターでは大樹町民をやめる理由として「すごく嫌なことをされたので」と呟かれています。

 

一体何があったのでしょうか?

 

そこで今回は堀江貴文氏が大樹町民をやめる理由となった嫌なこととは何だったのか調べてみました。

堀江貴文が大樹町民をやめる理由の嫌なことは何?

ホリエモンの愛称で親しまれている堀江貴文氏が4月27日に自身のツイッターですごく嫌なことをされたためと住民票のある大樹町から転出届けを出す意向を示されました。

 

理由については「すごく嫌なことをされたので」とだけ記載されており、明確には述べられていません。

 

1つ考えられるのが2013年に堀江貴文氏が設立されたインターステラテクノロジズが当初5月2日に小型ロケットの打ち上げを目指していましたが、複数の町民から不安を訴える声が相次いだことや新型コロナで緊急事態宣言中であることなどの事情を考慮し自粛の要請や延期を含めた検討を促したことが関係しているのではないかとも噂されています。

 

今回の打ち上げに関しては新型コロナウイルスの影響を考慮して見学会場は設けずに実施することを公表されていたので自粛には賛否両論出ています。

 

ただこの要請は4月28日付けで要請されたことでつぶやきよりも後になりますので別の要因である可能性も十分に考えられます。

 

またこちらのツイートも何か関係しているのかもしれませんね。

詳しい理由については明らかになっていませんが、堀江貴文さんはYotubeで自身のアカウントを開設されていますので今後何かしらのコメントなどが出されるか期待したいところですね。

 

また実際に転出届けを出され別の場所に転入した際には理由などが明らかになるかもしれませんので注目です!

ノイジーマイノリティの意味とは?

堀江貴文氏は大樹町民をやめるという呟きの後にノイジーマイノリティに屈しない首長がいる町がいいとツイートされています。

ノイジーマイノリティ

「うるさい」「騒々しい」といった旨が語源であり、主張に理論的ないし道義的裏付けが乏しく「声の大きさ」に任せて騒ぐだけの少数者を指し、批判的な意味合いが強い。

wiki引用

現代では「クレーマー」の意味と同等の意味があります。

 

今後どの地域に転入されるのか注目ですね!

スポンサーリンク

まとめ 堀江貴文が大樹町民をやめる理由の嫌なことは何?ノイジーマイノリティの意味も

今回はホリエモンの愛称で親しまれている実業家の堀江貴文氏が4月27日に自身のツイッターで北海道の大樹町民をやめる意向を示されたことについて調べてみました。

 

詳しい理由については明らかになっていませんが、何かしらの衝突があったのではないかと噂されています。

 

この件に関しては様々な意見が出てますが、今後どの地域に転入されるのか注目です!