ニュース

学校9月始まりのメリット・デメリットはどっちが大きい?誕生日で学年の変更も!?


【 在庫あり 翌日(日祝を除く)に発送致します。】 マスク 50枚 大人用 男性 女性 男女兼用 立体型 三層 使い捨て 不織布 ふつう レギュラー 白 ホワイト 花粉 送料無料

 

 

新型コロナウイルスの影響で全国の学校で休校の措置が取られるなど様々な影響が出ていますね。

 

学校によってはスタートする時期が違い学力に差が出てしまうなどの心配がされています。

 

そんな中、学校の始まりを4月からではなく9月からにするという案が浮上していることが明らかになり話題になっています。

海外では4月ではなく9月からスタートする地域も多いため賛成の意見も出ていますが、9月にすることで問題も出てきてしまいます。

 

実際のところ学校の始まりを9月からにすることのメリットとデメリットはどっちが大きいのでしょうか?

 

そこで今回は学校の始まりを9月からにすることで生じるメリットとデメリットについて調べてみました。

スポンサーリンク

学校9月始まりのメリット・デメリットはどっちが大きい?

日本ではこれまで桜の季節である4月から学校がスタートしてきましたが、9月からに変更する案が浮上しているとのこと。

 

そもそも日本では4月スタートが普通ですが、海外では地域によって学校の始まりは異なります。

 

欧米の方では9月、10月にスタートする地域もありますが、場所によっては1月、2月の国もあります。

各国の学校始まりの時期

  • 1月 シンガポール
  • 2月 オーストラリア、ニュージーランド
  • 3月 韓国
  • 4月 日本、パナマ
  • 5月 タイ
  • 6月 フィリピン
  • 9月 アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー
  • 10月 ナイジェリア、カンボジア

など

調べてみると地域ごとに時期が異なりますが、9月から始まる国はやはり多いですね。

 

では今後学校の始まりを9月にすることでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

学校の始まりが9月のメリット

今全国の学校で心配されているのが学校ごとの学力の差です。

 

地域によっては休校にしている学校もあれば、通常通り授業が行われていた地域があります。

 

またオンライン授業を実施している地域もありますが、中には環境が整っておらず実施できていない学校もあります。

 

きちんと授業が行われずに学力に差が出てしまうのは納得できませんので一律9月スタートにすれば問題を解決することができます。

 

またこのまま遅れた状態で学校を再開し3月に終業となると様々な行事が短縮されてしまいます。

 

学校の行事は生徒にとってとても大事なことですし、行事から学ぶこともたくさんあります。

 

9月スタートにすることで授業や行事を短縮することなく行うことは学生にとってとても大切なことです。

 

また9月から学校を始めることで留学をする際にスタートの時期が一緒になるので留学が以前よりもスムーズになるかもしれませんね。

1 2