ニュース

仙台市上空の白い飛行物体の正体は何?場所がどこかも調査!【6月17日】

スポンサーリンク

2020年6月17日宮城県仙台市の上空で白い飛行物体が目撃され話題になっています。

 

謎の飛行物体は気球や無人飛行機など色々な憶測が出ています。

 

そこで今回は6月17日に仙台市の上空で目撃された謎の白い飛行物体の正体は何なのか調べてみました。

仙台市上空の白い飛行物体の正体は何?

2020年6月17日に仙台市の上空で目撃された謎の飛行物体。

多くの方が目撃されネットで注目されています。

 

白い物体にはプロペラのような物が付いており、プロペラが回ることで浮上している仕組みでした。

 

気象庁や航空局なども調査を続けていますが、今の所正体は明らかになっていませんでした。

 

東京航空局仙台空港事務所では管轄するエリアで当日飛行する申請はないとのこと。

 

上空2500m程度まで上昇しているため素人が作れる代物ではなさそうですよね。

 

ただこれだけ話題になっても正体が分からないことから個人が作ったものということもあるかもしれませんね。

白い飛行物体の飛行場所はどこ?

仙台市上空で目撃されている謎の白い飛行物体ですが、なんと山形県や福島県でも目撃がされています。

 

山形県では山形市内、福島県では二本松市などで目撃がされています。

 

かなり上空であることや物体が大きいことが予想されます。

福岡大学の飛行物体ではない

一部では福岡大学が研究用で用いた飛行物体UAVではないかという憶測が出ましたが、J-CASTニュースの取材に対し「うちのものではない」と否定されています。

仙台市上空の白い飛行物体はいつごろから目撃されてる?

仙台市の上空で目撃された謎の白い飛行物体はいつ頃から目撃されているのか気になるところ。

 

午前4時ごろには目撃されていたとの情報も出ています。

 

ネットでは6月17日の午前7時頃から目撃されている方がいらっしゃいました。

 

また謎の白い飛行物体は時間が経過しても動いていないとのこと。

 

11時頃でも目撃がされています。

仙台市上空の白い飛行物体についてのネットの反応