ニュース

東京都知事選挙|全立候補者の獲得票数順位一覧まとめ!【2020年7月5日】

スポンサーリンク

現都知事の小池百合子氏任期満了に伴い、7月5日に東京都知事選挙の開票が行われ、小池百合子氏が当選確実となり話題になっています。

 

今回は22名の立候補者がおり、注目されていましたが、小池百合子氏が圧勝でしたね!

 

ただ中には当選者よりも各立候補者の獲得票数の方が気になるという方もいるかと思います。

 

そこで今回は7月5日に開票された東京都知事選挙の各立候補者の各得票数一覧や順位を調べてみました。

東京都知事選挙|全立候補者の獲得票数順位一覧まとめ!【2020年7月5日】

2020年7月5日に開票された東京都知事選では小池百合子氏が再選となる結果となりました。

 

それでは各立候補者の各得票数や順位などをまとめていきます。

 

7月5日20時45分時点で正確な獲得票数はまだ発表されていませんでした。

 

そのため出口調査で明らかになった順位をご紹介していきます。

 

出口調査のため最終的な集計では変動する可能性がありますのでご注意ください。

出口調査

投票所の出口を出て来た選挙人に、だれに投票したかなどを問う、動向予測の速報のための調査

追記 得票数がハフポストにて紹介され、それぞれの票数が判明しました。

1位 小池百合子氏 (当選)

公約

  • 東京版CDC(米疾病対策センター)の創設
  • 安全な妊娠、出産環境など切れ目のない女性活躍支援
  • 都民の理解が得られる形での東京五輪・パラリンピックの開催

得票数 366万1371票(2020年7月5日)

得票数 291万2628票(2016年7月31日)

2位 宇都宮健児氏

公約

  • 医療体制を充実させ、補償の徹底でコロナ対策を抜本的に強化する
  • 都立・公社病院の質の低下につながる「独立行政法人化」を中止し、これまで以上に充実強化を図る
  • カジノ誘致計画は中止する

得票数 84万4151票(2020年7月5日)

得票数 98万2594票(2014年2月9日)

3位 山本太郎氏

公約

  • 東京五輪・パラリンピックの中止
  • 都債発行で15兆円を調達し、都民一律10万円給付や学費1年免除、事業者補償など、新型コロナで疲弊した都民生活を底上げ
  • 「ロストジェネレーション」世代を中心に都職員を3千人増員

得票数 65万7277票(2020年7月5日)

3位 小野泰輔氏

公約

  • 科学的なエビデンスに基づく、経済活動を最重視したコロナ対応戦略の策定
  • 公営事業の一部民営化とIRの誘致などで活力を引き出す都市成長戦略
  • 東京五輪・パラリンピックは2024年を視野に延期開催

得票数 61万2530票(2020年7月5日)

5位 桜井誠氏

公約

  • 都民税金ゼロ・固定資産税ゼロ
  • パチンコ規制
  • 外国人生活保護の即時停止

得票数 17万8784票(2020年7月5日)

得票数 114171票(2016年7月31日)

6位以降順位

  • 6位 立花孝志 4万3912票
  • 7位 七海ひろこ2万2003票
  • 8位 後藤輝樹  2万1997票
  • 9位 沢しおん  2万738票
  • 10位 西本誠   1万1887票
  • 11位 込山洋   1万935票
  • 12位 平塚正幸  8997票
  • 13位 服部修   5453票
  • 14位 斉藤健一郎  5114票
  • 15位 市川浩司  4760票
  • 16位 内藤久遠  4145票
  • 17位 関口安弘  4097票
  • 18位 竹本秀之  3997票
  • 19位 石井均   3356票
  • 20位 長澤育弘  2955票
  • 21位 押越清悦  2708票
  • 22位 牛尾和恵  1510票

東京都知事選挙結果についてのネットの反応