エンタメ

アクタージュ原作者逮捕で今後の連載はどうなる?打ち切り・絶版の可能性も?

スポンサーリンク

 

週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」の作者・松木達哉さんが逮捕されたと報じられ話題になっています。

 

「アクタージュ」は原作と作画が分かれていますが、今後の連載はどうなるのか気になりますよね。

 

そこで今回は週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」の今後の連載はどうなるのか?調べてみました。

アクタージュ原作者逮捕で今後の連載はどうなる?

週刊少年ジャンプで連載をされている人気漫画家の松木達哉さんが逮捕され、注目されています。

松木達哉さんはペンネームが「マツキタツヤ」で週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」の原案を担当されていました。

 

アクタージュの単行本は12巻が7月3日に発売されていますが、原作はまだまだ終わっていない状況です。

 

今後の連載はどうなってしまうのか?

打ち切りの可能性も!?

今後の連載について考えられることの1つが打ち切りです。

 

残念ではありますが、原作者が犯罪を犯してしまったことを考えれば仕方がない事でしょう。

 

連載継続を希望する声も多数見受けられますが、今回の逮捕で少なからず不快に思われた方もいますので、連作を継続するのは難しいかもしれません。

 

ちなみに過去に週刊少年ジャンプで連載中だった「世紀末リーダー伝たけし!」でも作者が不祥事を起こし逮捕され、連載は打ち切りとなりました。

単行本も発売中止となるなど厳しい措置が取られていました。

 

今後対応次第では単行本の絶版ということもあるかもしれませんので、気になる方は今のうちに購入しておいた方が良いかもしれませんね。

 

ただ今回は原案と作画が別々の方が担当されている事を考えると何かしらの対応があるかもしれませんので、発表され次第随時追記していきます。

 

原作を別の方が担当して連載を継続

今回原案を担当する松木さんが逮捕されたわけですが、作画を担当されている方からするといきなりの打ち切りは酷ですよね…

 

中には原案を別の方にして連載を継続するのを希望される方も多く見受けられます。

 

アクタージュは多くの方から支持されている人気作なので、ここで打ち切りにしてしまうのはとても惜しいですよね。

 

ただ原作者が変わってしまうと方向性のズレなど作品自体を壊しかねないことを考えると、変更して連載を続けるのは難しいのでは?という意見も出ています。

 

作画を担当されている宇佐崎しろさんの描くキャラクターはとても好評ですので、出来ればまだ続きを見たいところです…

 

またアクタージュを知らない方に念を押して伝えたいのが、ニュース等で報じられる際に宇佐崎しろさんの作画が掲載されると思いますが、宇佐崎しろさんに罪は全くないため、作品やキャラクターなどを否定するのはやめましょう。

 

追記 残念ながら連載終了が決定してしまいました。

 

集英社は宇佐崎しろさんの今後のフォローをしっかりしてケアしてほしいところです。

アクタージュについてのネットの反応

多くの方々が連載の続きを見たいとコメントされています。

アクタージュ|原作と作画の不仲説は本当?理由や真相を調査!週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」 『アクタージュ act-age』コミックス11巻カバー大公開! ●カバ...
アクタージュ連載終了で最新13巻の発売はどうなる?連載再開の可能性は?週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」の連載終了が発表され、話題になっています。 連載終了は原作を担当さ...
スポンサーリンク

まとめ アクタージュ原作者逮捕で今後の連載はどうなる?打ち切りの可能性も?

今回は週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「アクタージュ」の原作者・松木達哉さんが逮捕された事で、今後の連載はどうなるのか?を調べてみました。

 

過去の事例では作者が逮捕された時に連載が打ち切りになっている事を考えるとアクタージュも同様に打ち切りという可能性もあります。

 

ただし、アクタージュは原案と作画が別なので、作画担当の宇佐崎しろさんの事を考えると打ち切りは酷過ぎるという意見も見受けられます。

 

アクタージュは既に舞台化が決定しており、今後もアニメ化や実写化などが期待されていた人気作なだけに今回の報道は本当に残念でした…

 

追記 8月8日21時時点では舞台のオーディション等に関しては事実確認を調査中で改めて報告があるとのことでした。

週刊少年ジャンプの公式サイトでは今後事実確認をした上で対処がされると公式サイトで発表がありました。

 

今後具体的な対処が発表され次第こちらでも紹介させていただきます。