ニュース

台風10号2020年関西の最接近はいつ?進路予想や米軍データも調査!

スポンサーリンク

強い勢力の台風9号が沖縄付近を通過途中ですが、既に台風10号の発生が心配されています。

 

2020年9月1日13時時点では小笠原近海でまとまっており、9月2日頃までに台風10号が発生すると予想されています。

 

発生が予想されている台風10号はかなり大きな勢力に発達することが考えられますが、進路予想では列島も通過することが心配されています。

 

そこで今回は2020年の台風10号は関西にいつ頃上陸するのか?進路予想を調べてみました。

台風10号2020年|関西の最接近はいつ?

2020年9月1日13時時点ではまだ熱帯低気圧のままで台風は発生していませんが、このままいくと9月2日には台風10号が発生することが予想されます。

海から大量の水蒸気が上昇することにより、空気が渦を巻いて出来る低気圧のことを熱帯低気圧と呼びますが、風速が17.2m/s を越えると台風と呼びます。

ちなみに9月1日午前9時時点での熱帯低気圧は以下の通りです。

  • 存在地域   小笠原近海
  • 移動     南南西 15 km/h
  • 中心気圧   1006 hPa
  • 最大風速   15m/s
  • 最大瞬間風速 23m/s

9月2日には最大風速が20m/s近くになることが予想されており、台風が発生する可能性が高いです。

 

9月1日の進路予想では西日本を通過するのではないかと予想されています。

続いてwindy.comで進路状況を見ていきます。

windy.comでは色によって雨量や風の強さを見分けることができます。

9月1日時点では右下に熱帯低気圧が確認出来ますが、これが台風10号になることが予想されます。

そして9月6日の22時頃には西日本を中心に関西地方を直撃することが予想されます。

下のカーソル部分で日時を変更出来るので、気になる時間に変更してみてね!

6日に出かける予定を立てている人は交通機関や道路の状況を確認して判断した方が良さそうだよ!

あくまで2020年9月1日時点での予想になり、進路がずれることもありますので、随時追記していきます。

 

9月6日は日曜日ですが、安全面を考えると外出は控えた方が良いかもしれませんね。

 

強い風で吹き飛ばされてしまう可能性もあるため、事前に外に物などを置かないようにしておきましょう。

台風10号(2020年)|進路予想

台風10号が発生することが予想されている小笠原近海に停滞している熱帯低気圧ですが、今後の進路予想を各データセンターの資料を参考にまとめてみました。

ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)のデータがこちらになります。

右下の緑と黄色が現在台風10号になることが予想されている熱帯低気圧です。(9月2日の深夜)

 

そしてこちらが9月6日の進路予想になります。

9月6日に西日本を中心にたいふうが直撃することが予想されます。

米軍合同台風警報センター(JTWC)

米軍合同台風警報センター(JTWC)のデータがこちらになります。

大きさを見るとかなり大きいのが分かりますね。

9月1日時点ではまだ小笠原近海に停滞していますが、今後西日本方面に進むことが予想されます。

スポンサーリンク

台風10号(2020年)|の名前の由来

北西太平洋または南シナ海で発生する台風にはそれぞれ名前が付けられています。

 

これはアジア地域の人に馴染みのある名前にすることで防災意識を高めるために決められています。

 

今回の台風10号は”ハイシェン”で中国の言葉で「海神」という意味があります。

 

全部で名前は140あり、最後まで進むとまた1から戻って名前が付けられます。

まとめ 台風10号2020年関西の最接近はいつ?進路予想や米軍データも調査!

今回は2020年9月2日に発生が予想されている台風10号の進路予想などを調べてみました。

 

台風10号は強い勢力で9月6日には西日本付近に上陸する可能性があり、注意が必要です。

 

また進路の予想的に関西地方では強い雨風が吹き荒れる可能性が高いので、事前に準備をしておきましょう。

 

今後進路予想に変化があった場合は随時更新させていただきます。