エンタメ

君の膵臓をたべたい|通り魔の犯人は誰?伏線や意味を考察!

スポンサーリンク

女優の浜辺美波さんと俳優の北村匠海さんが主演を務める映画「君の膵臓をたべたい」

 

膵臓の病を患っている桜良と僕が過ごした日々が描かれていますが、桜良の最後はとても衝撃的です。

 

突然通り魔に襲われてしまい亡くなってしまう桜良ですが、通り魔は一体誰なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は映画「君の膵臓をたべたい」の通り魔の犯人は誰なのか?

 

また伏線や意味について考察を調べてみました。

君の膵臓をたべたい|通り魔の犯人は誰?

浜辺美波さん演じる山内桜良は膵臓の病を患っており、そのことを知った主人公の僕は残り少ない日々を一緒に過ごしますが、彼女の最後は病ではなく、通り魔に襲われて亡くなってしまうという衝撃の結末。

 

ではこの通り魔とは一体誰なのか?

 

作中では元彼も登場しており、一部では元彼の隆弘が復讐で犯行に及んだのではないか?という意見もありますが、最後まで犯人は明かされずに終了しています。

 

結論からいうと通り魔の犯人は映画内で登場していた人物ではないことが予想されます。

 

桜良は通り魔に襲われてしまうのですが、ニュースでは隣の県で事件が発生したと報じられています。

 

このことから偶然通り魔が桜良の元に現れしまい、襲われてしまったことが予想できます。

君の膵臓をたべたい|通り魔の意味や伏線を考察

そしてこの映画では通り魔が誰なのか?ということは重要ではないのです。

 

桜良は運悪く通り魔に襲われてしまうわけですが、人間誰しもいつ死ぬかわからないということを伝えたいのだと考えられます。

 

甘えていた。 この期に及んで僕はまだ甘えていたんだ。 彼女に残された一年という時間に。ひょっとすると彼女ですら、そうだったのかもしれない。
僕は、残り時間の少ない彼女には明日があるものだと当然のように思っていた。

映画を見ていると最後は病によって亡くなってしまうかと思いきや、通り魔に襲われて亡くなってしまう桜良…

 

一体誰が予想できたでしょうか?

 

病によって余命が残り少ないことが明らかになっていた彼女ですが、必ずしも残りの期間まで生きられるという保証はないのです。

 

人間誰しも予想外の出来事で命を落としてしまうことがあり、自分がいつ死ぬかというのは分からないものです。

 

この映画では

誰しもいつ死ぬか分からないのだから1日1日を大切にしなくてはいけないという意味合いが込められているのではないでしょうか。

 

みなさん1日ダラダラと過ごして時間を無駄にしていませんか?

 

もちろん何気ない日常を送るのも良いですが、1日1日を後悔せずに過ごそうと考えるとよりこれからの日常が楽しくなるかもしれませんよ^ ^

 

ちなみに映画だけでなく、原作の小説を読むとより映画が好きになるのでおすすめです!

 

スポンサーリンク

君の膵臓をたべたいについてのネットの反応

まとめ 君の膵臓をたべたい|通り魔の犯人は誰?伏線や意味を考察!

今回は映画「君の膵臓をたべたい」で浜辺美波さん演じる山内桜良を襲った通り魔は誰なのか?また伏線や意味などについて調べてみました。

 

まとめると通り魔は作中内で登場した人物ではなく、突然現れ、運悪く襲われてしまいました。

 

ここで伝えたいのが人間誰しもいつ死ぬか分からないということ。

 

自分とは全く関係の人物に突然襲われることなんて誰も予想できませんよね?

 

余命が明らかになっても必ずその期日まで生きられる保証はないのです。

 

いつ死ぬか分からないのだから1日1日を悔いなく過ごすことの大切さをこの映画では伝えたかったのではないでしょうか。