エンタメ

LiSA『炎』|MVの撮影ロケ地はどこ?海岸の場所を調査!

スポンサーリンク

2020年10月16日に公開される映画「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌である「炎」のMVが公開され、話題になっています。

 

「紅蓮華」に続き同じくLiSAさんが主題歌を担当しており、素晴らしい楽曲になっています。

 

MVには綺麗な海岸が映っており、どこで撮影されたのか気になる方も多いかと思います。

 

そこで今回はLiSAさんの新曲「炎」のMVが撮影されたロケ地の場所はどこなのか調べてみました。

LiSA『炎』のMVの撮影ロケ地はどこ?

LiSAさんの新曲「炎」のMVが2020年10月13日に公開されました。

 

タイトルは「炎」ですが、MVは綺麗な海岸での様子が撮影されており、注目されています。

MVは薄暗い浜辺で始まり、終盤では朝日が照らされていく素晴らしい作品になっています。

 

シンプルな演出ですが、歌詞や楽曲の世界観にとてもマッチしている作品だなと感じます。

 

こちらの海岸については現在調査中ですが、情報が少なくまだ特定には至っていません。

 

今後分かり次第追記させていただきます。

 

何か詳しい情報がありましたらぜひコメントお待ちしています!

LiSA『炎』のMVが海の理由はなぜ?

LiSAさんの新曲「炎」は映画「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌に起用されている楽曲で映画の内容にとてもマッチしています。

 

映画は炎柱・煉獄杏寿郎がキーパーソンになっており、「炎」というタイトルはとても合っていて好評でしたが、なぜMVは炎とは関係のない海での撮影なのでしょうか?

 

明確なことは明かされていませんが、2020年10月13日放送のめざましテレビに出演された際に炎って太陽なのかもとご本人は述べられていました。

 

ここから少しネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

煉獄杏寿郎は今回の無限列車編で残念なことに上弦の鬼・猗窩座との戦闘で亡くなってしまいます。

 

炭治郎たちはここで自身の無力さを痛感し、強くなることを決意します。

 

歌詞の終盤で以下のような歌詞があります。

輝いて 消えてった 未来のために
託された幸せと 約束を超えて行く
振り返らずに進むから
前だけ向いて叫ぶから
心に炎(ほむら)を灯して
遠い未来まで……

太陽はどんな時も必ず昇るように、炭治郎たちも事実を受け止め、前を向いて進んでいくようにも感じ取れます。

 

海岸は朝日が綺麗に昇るシーンがとても印象的なので、あえて海岸で撮影されたのかもしれませんね。

 

もちろん歌詞やMVの捉え方は人それぞれなので一概には言えませんが、本当に素晴らしい楽曲だと思います。

 

今後番組などでMVについての秘話などが話されるかもしれませんので、何か情報が入りましたら随時追記させていただきます。

スポンサーリンク

LiSA『炎』のMVについてのネットの反応

まとめ LiSA『炎』|MVの撮影ロケ地はどこ?海岸の場所を調査!

今回は映画「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌を担当されたLiSAさんの新曲「炎」のMVはどこで撮影されたのか?ロケ地の場所や浜辺で撮影された意味などについて調べてみました。

 

MVの撮影が行われた海岸の場所については情報が少なく、まだ特定することができませんでしたので、引き続き調査を続けていきたいと思います。

 

海岸での撮影になった経緯などは今後番組や雑誌などのインタビューで明かされるかもしれませんので注目です!